処理設備のあれこれ

モップ

濁水処理とは、工場などから出る排水を、法律で定められた水路に流すことができるレベルの水質にまで処理することです。河川や海の水質汚濁は環境破壊を引き起こし、更には深刻な公害病を発生させてきました。それらの再発を防ぐため、工場排水などの汚水は水質汚濁防止法などで厳しく規制されており、その基準を満たすために、様々な濁水処理の設備が考案されました。濁水処理の主な仕組みとしては、排水に特殊な粒子を含んだ薬剤を投入し、この粒子に有害物質などの不純物を付着させて水と分離させる方法がとられます。これによって有害物質は固形の泥として設備の底に貯まり、処理することができます。また、強酸や強アルカリ性の排水もそのまま流すことはできませんので、中和剤や設備で基準以下の数値まで中性化して排水します。

濁水処理設備には様々な種類があります。従来の方法ですと、排水から汚染物質などを分離させるのに薬剤を使用しますので、環境への負荷が発生してしまいましたが、高性能のフィルターを使用して物理的にろ過する方法が考案され、環境への負荷は大きく減りました。また、ダイオキシンやカドミウムなど、深刻な公害病の発生原因となった重金属類を含んだ排水の処理も、高性能フィルターと凝固剤を組み合わせることでろ過性能を高め、排水基準を大幅に下回る数値にまで取り除くことができるようになり、より高い安全性を実現しています。また、原子力災害に伴う汚染水にも処理技術の転用が可能で、汚染水から放射性物質をろ過装置で分離して放流することができます。