業者の選択

手洗い場

住宅を建て替える際などに既存の建物を解体する工事を請け負うのが解体業者です。住宅を建築するのがはじめてな人は解体工事も初めて経験することでしょう。そんな場合どのようにして解体工事業者を選択すればよいのか、解体工事に対してどのような手続きを行えばよいのか分からい人がほとんどです。 ですから多くの人が建築会社から紹介された解体工事業者を利用するのではないでしょうか。確かに建築会社から紹介されたということは許可などの審査も建築会社が行っている場合も多く安心して負かすことができるといえます。新しく建築する住宅との取り合いを考えて解体業者との打ち合わせも建築会社の人間が行ってくれます。しかしこの分解体工事業者から建築会社に紹介料が支払われその分施主に請求される解体工事費用も高額になるのです。 ですから自分で業者を見つけてくることで費用を安く抑えることができるのです。

解体工事を行う業者の中には解体で出た廃棄物を不法投棄する業者もいるのです。不法投棄すれば当然処理費用も安く済みより多くの利益を上げることができるからです。しかし産業廃棄物の不法投棄はれっきとした犯罪です。業者はもちろんその工事を依頼した施主も罰せられてしまうのです。ですからあまりにも工事費用の安すぎる業者には注意が必要です。 最近ではインターネットなどで一括して業者に見積もり請求できるサイトも存在します。こうしたサイトも多くが中間マージンが発生しているので建築会社同様に費用が割高になってしまいます。もちろん安く抑えることはとても魅力のあることです。しかし見積の安さだけで業者を決めるのは大変危険です。上記の違法行為やのちの高額請求などトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるのです。